東京で暮らすなら東京都民銀行を利用しよう

東京都民銀行の特別な待遇

消費税増税や物価の値上がりなど、経済の動きを見ていると明るい話題はなかなか増える様子は無く、自分の将来の保証は自分でやらなくてはいけないという気がしてきます。自分の老後だけでなく、一緒に暮らす家族やお世話になっている人々と共に有意義な時間を過ごすにはいくらでもお金が必要です。もし自分の手元にボーナスや退職金、親からの遺産相続などまとまったお金がある場合、貯蓄や運用をしようと考えることでしょう。

しかし、数百万円・数千万円も銀行に預けるのに一般の利用客と同じ待遇をされるのはなんとなく面白くない、せっかくだから特別な待遇をしてもらいたい、そういう人に嬉しいサービスがあります。それは「東京都民銀行ステータス・クラブ」というもので、一定条件を満たした利用者のみが入会することができるサービスになっています。手数料の割引や定期預金・ローンの金利を優遇してもらえる特典の他、宿泊施設やレジャー施設の優待なども受けられます。

それから、年金を受給している方で一定金額以上を東京都民銀行に預けている方は「年輪倶楽部」というサービスを利用することができます。こちらも預金金利の優遇や宿泊施設の優待などが特典として受けられます。普段の生活の中ではこのような特別待遇を受ける場面はあまりありません。ただ預けるだけよりも、こういったサービスが受けられると銀行を利用するのも楽しくなりますし、限定された利用者しか受けられないという特別感が貯蓄意欲を刺激します。

大都会の真ん中で特別な待遇を受けている、そんなことを想像するのも日々の生活を豊かにする秘訣です。ただ、この東京都民ステータス・クラブと年輪倶楽部は近日新しいクラブの取り扱い開始が予定されているため新規入会が行なわれていないうえ、特典サービスも一部終了しているものがあります。詳細について詳しく知りたい方は東京都民銀行に問い合わせてみてください。